コマネタ帳(旧) by iyoupapa

PCや土いじりやゲームやオモチャ、思いつくまま細切れネタを書き散らかす日記

Creative Commons Licenseiyoupapaが書いたコマネタ帳の文章は「Creative Commons 表示-継承 2.1 日本」ライセンスです。写真については私のFlickrで配布しています。新しい「コマネタ帳」に移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スキー]ばんけいスキー場

個人的スキー記録(今シーズン3日目、通算5日目)。

3連休は暴風雪の予報でしたが、朝起きたら綺麗な朝焼けが。子供にも準備をさせて9時半頃到着。こういう時だけ反応がいいのは困ったものです。親子ペア1日券で4,400円なり。

センターCとAを滑って休憩。その後ウエストに行こうとしましたが、オレンジリフト乗り場の上を抜けなければならないので、面倒の余りオレンジ乗車。何とかオレンジを降りてきました。最大斜度30度より人工降雪機のためであろうガリガリ状態の方が怖い感じがしました。

以降ウエスト中心でお昼を挟んで滑っていたら、強風のためセンターとオレンジが止まりリフトが混雑。ウエストCは端っこの未圧雪の部分も面白くてもっと滑りたかったのですが、スクールの子達も大勢居てあまり滑れませんでした。

休憩を取っているとセンターリフトが回復、未圧雪のセンターBで雪遊び状態。センターA、Bは斜度のある部分が短いので物足りない感じがします。

最後はオレンジで終了。休憩して16時半撤収。

今回は割と斜度のあるオレンジコースを降りられたことと、未圧雪で遊んだことが収穫かな。

[スキー]サッポロテイネ

見晴らしいい個人的スキー記録(今シーズン2日目、通算4日目)。

オリンピアのノースメイプルで着替えて、9時過ぎに総合案内所でチケット購入。ファミリーパックで1日券5,000円。

白樺サンダンスで3本。少し雪風あるけどバーンは真っ平らで気持ちいい。でもリフト乗り場がちょっと登りなので、ストックで前進するのが下手な息子はちょっと大変。開始直後で他の人がいない貸し切り状態だったので「がんばれー」だけですますダメ父です。

白樺サンシャインに移動。「ちょっとジャンプしてスキーがまっすぐ上がるのが前でも後ろでもないちょうどいい所なんだって」と言って二人でジャンプしながら滑る。息子の棒立ち感はなくなってきました。飲み込み早いね。

3本ほど滑って休憩。雪も降っているので、顔を隠せるネックウォーマーを購入…って、息子は冷たいジュース飲んでるし。ちゃんと防寒できているから冷たいものが欲しくなるんだろうけどね。

その後もしばらくサンシャインで滑走。少しずつ人が増えてきたけど、リフトの待ちはほとんどなし。その後、11時30分からイベント「ワクワクキッズデー」で宝探し。息子が持ってきたのはドリンク券でした。交換はオリンピアハウスとのことでそのままお昼。

お昼を食べながら「ゴンドラ乗ってみたい」と息子が言ってきたので、前回の教訓、酔い止めを飲んで再開。一旦サンシャインを上がってエイトゴンドラ乗り場へ。ゴンドラではやっぱりスキーを中に持ち込むことになりましたが、ガラガラなので気楽。天気も良くなって海まで見えます。

ハイランドに上がってサミットエクスプレスを見たら、息子が乗れそうと言うのでとりあえず乗ってみることに。フード付きは初めてなので、中々楽しそうでした。

ナチュラルで降りてこようと思っていたのですが、どうやら途中までシティビュークルーズの方を滑ったようです。ってかナチュラルの入り口が判りませんでした><。結構荒れていて、スキーを取られながらも合流点までいって、そこからゆっくり…って止まる><。息子がんばれ。更にその後レインボーでも止まる><。

一旦オリンピアまで降りて、再度ゴンドラ→サミットエクスプレスからナチュラル→パラダイスへ。その後はパラダイスを滑っていきます。

15時頃休憩。さっき貰ったドリンク券で一休み。

15時30分にレインボーがクローズするのでその前にオリンピアに戻ります。ナイターの照明がつき始めたので、締めにサンシャインを滑って終了。後片付けして16時30分撤収。

前後のバランスは少し改善した気がします。息子のフォームも良くなったし、ストックやスケーティングでの前進も何とかなってきました。次回はカーブを意識して滑ってみよう。

[スキー]札幌国際スキー場

スノー!個人的スキー記録(今シーズン1日目、通算3日目)。

少し到着が遅くて駐車場が少し遠いorz。初滑り期間なので親子で1日券3,400円+1,000円。

9時45分頃にスカイキャビン8に搭乗。ツインチップのせいか、お姉さんにスキーをゴンドラの中に持ち込むよう言われる。そこそこ混んでいるので、息子と自分の2本を他の人にぶつけないように持ち込むのはちょっとしんどいw。

1本目は林間→メルヘン。第3リフト側に行ったら未圧雪ではまる。ゆるいコースをのんびり滑っていたら、最後のファミリーとの合流付近がちょっと斜度がある(汗。ぽんと飛び込む息子に釣られて行ってみれば、意外と降りられて一安心。

2本目も同じコースで行ってきたら息子から休憩のリクエスト。時計を見ると…11時10分頃。2本で1時間半近い。そのままお昼。

12時頃再開。と、ゴンドラで酔ったと言い出す息子。なんとか何事もなく上についたけど、冷や汗ものでした。仕方がないので第4リフトを使って林間とウッディーを滑る。うまくストックで前進できない息子を押したりして手伝ってくれた第4リフトの係員の方には感謝しています。

13時と14時頃、上のカフェで休憩。第4リフト降り場からカフェに上がるのが面倒だけど、今日はゴンドラは無理なので仕方なし。

15時30分にリフトクローズ。最後はウッディー→ファミリーと降りる。斜度のあるところで息子がプルークで直滑降。やるなぁと思ったら「だって止まらないんだもん」。

後片付けして16時撤収。

息子のメガネにゴーグルが合わなかったのでゴーグルなしだったんだけど、寒かったので可哀相な状態にしてしまいました。ゴーグルとネックウォーマーを調達しないと。

自分は、スキーを滑らせることができず、ずっと後傾状態。次は重心を気にしよう。

スキー買った

スキー届いた勢いで買い物している気もしますが、子供と遊ぶためにスキーを調達しました。昨シーズンはファンスキーをレンタルして遊んでいましたが、短いと歩く感覚に近いので多少の斜面では怖いと思わなくなるものの、滑る楽しさがないのでもう少し長めのミッドスキーを選んでみました。

息子「で、何時スキー行くの?」

俺「オーンズならオープンしてるよ。」

息子「行くー!」

俺「…人工雪は却下です。12月になって札幌国際が通常オープンしてからでいいんじゃない?」

息子「えー!?」

えーじゃない、買った本人が一番遊びたいんだから我慢シル。

[写真]ノラ猫

中島公園、豊平館の周辺にて。

猫木の下の兄弟。兄弟なのか姉妹なのか、本当は血縁関係ないかもしれないけど。

猫見返り黒猫。「追いかけるんじゃねーうざいよあんた」くらい思っていますね。

猫この子は夜になると木の上から見回していたりします。

ツールド北海道を見てきた

3年ぶりにツールド北海道を見に行きました。3年前は新城選手にポストカードもらったんだっけ。今年はモエレ沼公園が個人タイムトライアルなので、集団を見たいと第3ステージと第4ステージの両方で観戦することにしました。

逃げグループ第3ステージ、馬追スキー場の下で先頭集団を撮影。この上の細いところが勝負所の筈なのですが、警備員の方に止められました。時間を勘違いして市民レースの前につくことが出来なかったのです。残念。

頓所選手翌日の第4ステージ、モエレ沼公園で個人TTを撮影。モエレ山をバックに加速!

他の写真はツールド北海道2011 setをご覧ください。来年はKOMや補給ポイントの近くも見たいな-。

かばん、買いました。

これまで、私用の時はリュックサックで過ごしていました。TPO的にどうなの、という所は置いておいても、一々降ろしてカメラの出し入れをするのでは、今日の息子のスピードについていけません。ということで、「立ったままカメラの出し入れとレンズ交換が出来る」、「大丸の店内を通り抜けても余り違和感がない」辺りの条件でカバン探しを開始しました。

B004L42TGY最初はモンベルのベルニナフラップショルダーMを検討したのですが、少しカジュアルすぎるかなとパス。

B004PYCYSI次にManfrottoのウニカ・メッセンジャーバッグ 5型もいいかな、と思ったのですが、カメラバッグの厚みがちょっと気になるのでパス。

悩んでいても仕方ないので、三井アウトレットパークへ突撃しました。ぐるぐると見て回った結果、BillabongDAKINEExchangeを選択しました。22L、17インチノートPCが入りますとかUSな感じ全開ですね。日本人なら17インチノートをカバンに入れるって考えないよねw。まあ内側がオレンジで視認性がいいけど外側がデニムでほどほど大人しいのが気に入りました。

USらしいと言えば、「細かいポケットがない」! つうことでセールの「カバンの中身」ケンコーのガードクッションをオーダーしました。普段はそこまで細かい仕切りは要らない気もしますけどね。

EOS KissX2 + EF50mm F1.8 + EF-S 18-55mm + sigma 70-300mm にウインドブレーカーやタオルや子供のおやつや500mlペットボトルを放り込める容量はステキです。会社もこれで行けるんじゃね?

これでもう少し写真を取りに行く機会を増やすのだー!

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 コマネタ帳(旧) some rights reserved. Powered by FC2ブログ