コマネタ帳(旧) by iyoupapa

PCや土いじりやゲームやオモチャ、思いつくまま細切れネタを書き散らかす日記

Creative Commons Licenseiyoupapaが書いたコマネタ帳の文章は「Creative Commons 表示-継承 2.1 日本」ライセンスです。写真については私のFlickrで配布しています。新しい「コマネタ帳」に移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[鉄道]ハイブリッド市電 公開

札幌市電の切り札(?)となりそうなバッテリー搭載の省エネ路面電車車両のうち、まずは「鉄道総合技術研究所」が開発した車両が、11月22日より試験走行を開始するそうです。川崎重工業製の車両は12月からの試験予定だそうですから、12月以降は雪景色のなか2種類の試験車両の行き違いを見ることができるかも知れません。

この車両、写真だけだと結構な威圧感があるように思います。屋根上の機材が多いこと、足回りをカバーしていることから高さが強調されている事と、全面ガラスの傾斜などが大型トラックの造形に似ている事が原因ですね。降雪時の試験次第で台車のカバーは外されるんじゃないかとも思いますが、ヘッドライトの造形で結構印象が変わるかな。ヨーロッパのトラムにはありそうなデザインなんで、見慣れちゃえばそれまで、って気もします。

既存の車両とちょっと違うのが降り口。低床化、バリアフリー化に伴い、出入り口が台車のない車両中央寄りになっています。ワンマン対応といえば運転手の傍に料金箱、従って降り口は車両最前部と思っていましたが、料金支払いへの運転手の対応はちょっと面倒かも知れません。

車体の写真を見ると、横にNEDOのロゴがあるんですが、NEDOのどのプロジェクトなのかよく判らずorz。

さて、平成17年度で2.5億円の赤字を計上している路面電車ですが、無事に新型車両を導入できるんでしょうか。

2007/11/14 追記

鉄道線に乗り入れることができるスペックがあるんですね。札幌ではJRと地下鉄、市電がちょっとつながりが悪いのが残念。地下鉄がタイヤではなく、JRや市電と相互乗り入れできたら、と妄想してしまいます

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iyouneta.blog49.fc2.com/tb.php/246-aa438203

-

管理人の承認後に表示されます

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 コマネタ帳(旧) some rights reserved. Powered by FC2ブログ