コマネタ帳(旧) by iyoupapa

PCや土いじりやゲームやオモチャ、思いつくまま細切れネタを書き散らかす日記

Creative Commons Licenseiyoupapaが書いたコマネタ帳の文章は「Creative Commons 表示-継承 2.1 日本」ライセンスです。写真については私のFlickrで配布しています。新しい「コマネタ帳」に移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂鬱な判決

カラオケ法理って始めて知りました。無知ですみません。画像ちゃんねるの管理人を逮捕したのもカラオケ法理が背景にあるんですかね。カラオケ法理とは、以下の2点を満たせばカラオケ利用者の代わりにカラオケ店を侵害主体と見なす、と言うことのようです。

  1. 業者の支配又は管理のもとで著作物が利用されていること
  2. 業者が営業上の利益を増大させることを意図していること

JASRACが利権を守るために作り出した理屈が日本のインターネットを魔女狩りする気がしています。Gigazineでの3つの提案が本当に必要なのかも知れません。ただ、ネットユーザの意見をまとめるのが難しい。力的にはGoogle、Yahoo、Microsoftなんかで業界団体を作ればそれなりの力がありそうですが、ネットユーザとはちょっと違いますし、個人ベースから立ち上げても継続は困難でしょうし。

Googleが日本の法律に従うならば、Googleは確実に違法 - GIGAZINE[このエントリーを含むはてなブックマーク][このエントリーを含むはてなブックマーク数]

1.刑事に適用されるプロバイダ責任制限法
2.ネットユーザーの意見を国会にまで持って行くシステム
3.ネットについての知識がない人間を法曹の中に置かない

このままだと日本のインターネットは中国より悲惨な状況に置かれるかも知れません。

2007/12/11 追記

判決文を読まずに騒ぐバカは私です。ごめんなさい。

miauが発足したことは、「ネットユーザーの意見を国会にまで持って行くシステム」へ繋がっていくのでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iyouneta.blog49.fc2.com/tb.php/203-c1f3aee2

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 コマネタ帳(旧) some rights reserved. Powered by FC2ブログ