コマネタ帳(旧) by iyoupapa

PCや土いじりやゲームやオモチャ、思いつくまま細切れネタを書き散らかす日記

Creative Commons Licenseiyoupapaが書いたコマネタ帳の文章は「Creative Commons 表示-継承 2.1 日本」ライセンスです。写真については私のFlickrで配布しています。新しい「コマネタ帳」に移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomblooでcontent sourceを付ける

本家TumblrのPost画面を見ていなかったので気付かなかったのですが、いつの間にか「content source」というメタ情報が増えています。ブックマークレットを見ると引用元のURLさえ渡せば善きに計らってくれそうなので、さくっとTomblooのパッチにしてみました(結構泥臭くデバッグしたのは内緒w)。

2010/9/29 追記

LinkのときにDescriptionを上書きしてしまう不具合がありました。以下のソース及びリンク先のjsファイルは修正済みです。

こちらのリンクから右クリック→Tombloo→Tomblooパッチのインストール、でインストールできるはず…。なんだけど、俺の手元じゃうまくいかない orz。どこまで腐ってるんだ、俺の環境。うまくいかないときはダウンロードして tombloo\script に突っ込んで下さい。

ソースはこんな感じです。Tumblr内でのReblogのときは対象外って辺りがやっつけ感たっぷりですが、相変わらずの Quick & Dirty ってことでご笑覧下さいw。

(function() {
addAround(Tumblr, 'appendTags', function(proceed, args, target, methodName){
  proceed(args);

  if (!args[1].favorite || !args[1].favorite.name || args[1].favorite.name != 'Tumblr') {
    if (args[1].pageUrl && args[1].pageUrl != 'http://') {
      args[0]['post[source_url]'] = args[1].pageUrl;
      if (args[1].type != 'link') {
        args[0]['post[three]'] = args[1].pageUrl;
      }
    }
  }
});

})();

テストはそれなりなので、自己責任でどーぞー。

スポンサーサイト

Tomblooを新しいFlickrページに対応させる

8月4日付でFlickrの個別写真ページが新しくなりました。で、HTMLが変わったのでTomblooで認識できなくなりました orz。とりあえず Quick & Dirty に 31_Tombloo.Service.extractors.js を書き換えました。Preveiwのうちにやっておけよ>俺。

2010/08/06 追記

残念ながら、これだとコンテキストメニューが表示できません。自分の環境では表示できるんですが、これは何らかの異常動作だと思います。ということで、もう少し調べてみますm(_ _)m。

2010/08/19 追記

Tombloo 0.4.12 に取り込んでいただきました。

2010/09/01 追記

Firefoxの設定でコンテキストメニューを出せることが判りました。(8/6付けの追記で異常動作とか言っていますが、設定が違うだけでした orz。)ただし、これをやるとFlickrの右クリックメニューとコンテキストメニューが同時に開いてちょっとうるさいです。コンテキストメニューはEscキーで閉じることができますので、サイトの右クリックメニューよりコンテキストメニューの方が便利という方はこちらの設定を試してみて下さい。

1.about:configを開く。

2.フィルタ欄に以下の項目名を入力する。

dom.event.contextmenu.enabled

表示された項目[dom.event.contextmenu.enabled]をダブルクリックし、値を[false]に変更する。

Quote from : Mozilla Re-Mix: Firefoxで右クリック禁止ページを回避する方法。

594 -           $x('./ancestor-or-self::div[@id="photo_notes"]', ctx.target)
    +           $x('./ancestor-or-self::div[@id="photo-drag-proxy"]', ctx.target)

596 -           ctx.target = $x('//img[@class="reflect"]') || ctx.target;
    +           ctx.target = $x('//div[@class="photo-div"]/img') || ctx.target;

Tomblooが正式対応するまでのつなぎにどうぞ。

[プログラミング]TomblooでFlickrからpostするときlinkになる不具合パッチ

2010/01/05追記

toさんがTombloo本体へ修正パッチをCommitしてくれました。現行の0.4.5の次のバージョンからこのパッチは不要になるはずです。

第13回北海道開発オフでTomblooのパッチを作りました。本当はGithubからTomblooを持ってきてパッチするべきなんでしょうけど、アドオンの開発環境がないのでテストできない罠orz。

FlickrPatch.jsをtomblooのscriptフォルダに突っ込んでください。ソースは以下。

(function() {
Tombloo.Service.extractors['Photo - Flickr']['check'] = function(ctx){
	if (ctx.target.id=="photo-drag-proxy"
	 && ctx.host.match(/\.flickr\./)) {
		var t = $x('..//img[@class="reflect"]', ctx.target);
		if (t) {
			ctx.target = t;
			ctx.onImage = ctx.target instanceof Ci.nsIDOMHTMLImageElement;
		}
	}
	return ctx.onImage && this.getImageId(ctx);
};
})();

一応説明しておくと、画像の上にDIVが置かれるようになりました。もとはNotesだけだったのですが、新しくPersonもこのDIVを使うことになったので、こいつが邪魔になるケースが多くなりました。そこで、このDIVを選択しているときはその下のimgに差し替えると言うパッチです。

とっととGit環境作ってPull Request送れるようにするべきなんだろうな。

[プログラミング]tumblr easily modify publishingを勝手に改造

これは何?

Tumblrのdashboardでpublish/privateを簡単に切り換えるユーザースクリプトです。

Shark++さんのtumblr easily modify publishingを使わせてもらったのですが、AutoPagerizeに対応していないことと、設定を変える度にリロードするのが使いにくかったので勝手に改造しました。

これはどこにあるの?

userscripts.orgの「tumblr easily modify publishing(mod) for Greasemonkey」からインストールできます。

動作に「Minibuffer」が必要です。インストールして、Minibufferが先に動くようにしておいてください。

これはどのように使うの?

dashboard上で見ると、エントリの右上に「private」と表示されます(既にprivateのエントリは「publish」)。ここをクリックするとprivate/publishになります。

更新が終わるとminibufferのwindowで「Status ... ok」と表示されます。

2009/9/23 追記

Version 0.1.1 から'y'キーで変更できるようにバインドしています。キーボード派の方はこちらをどうぞ。何故'y'なのかは…思いつきです、すみません。

ライセンスとかは?

オリジナルの作者Shark++さん、およびTumblrへのPostの処理をほとんどパクらせてもらったReblogCommandsnj14さんのコードでほぼ全てなので、この2つのスクリプトのライセンスに従います。iyoupapaは一切権利を主張しません(ってか主張するほどの事はしていない)。

他人のユーザースクリプトを改造して公開っていいのかなと思いつつ、非公開じゃ勿体ないしと言うことで公開してみました。どうぞご利用くださいませ。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 コマネタ帳(旧) some rights reserved. Powered by FC2ブログ